お腹の贅肉は脂肪吸引で根こそぎ落とすのだ

女性

ダウンタイムと高分子

レディ

美容整形によるシワ取りにはいくつかの方法がありますが、ヒアルロン酸注入法はダウンタイムがないため人気となっています。そのヒアルロン酸とは2つの分子が連結している高分子体であり、だからこそシワ取りに効果があります。

もっと読む

綺麗な素肌を取り戻すには

医者

大阪の強い陽射しのせいで、できてしまったしみに悩む人に人気があるのが美容皮膚科で受けることができるしみを消す効果の高いしみ治療です。肝斑もしみの1つですが、このしみは刺激に非常に弱いので治療を受けるときは注意が必要です。

もっと読む

多くの効果をもたらす治療

施術

プラセンタは、胎盤から抽出されたエキスで、体内に取り入れることで疲労回復や更年期障害改善など様々な効果をもたらします。中でも人気の方法が、プラセンタ注射です。頻度を守り使用を継続することで、ゆっくり確実に効果を得ることが出来ます。

もっと読む

人気の施術部位

ウエスト

回復期間

お腹の脂肪吸引を受けた場合、その結果を左右するのはアフターケアです。お腹の脂肪吸引を受けた直後は痛みやむくみ、腫れなどが強く見られます。その期間は個人差はありますが2〜3日程度と言われています。そのため、脂肪吸引後は最低でも3日程度は安静にするようにしましょう。出来れば、仕事などを休む事をおすすめします。その後は、時間の経過とともに痛みや腫れが軽減され、手術後2週間程度経過する頃には手術前と同じような生活をすることが出来るようになります。ただし、お腹の細さを実感することが出来るのは、手術後1か月程度は必要となります。1か月程度経過しても、効果を実感することが出来ないという場合には、手術を行った医師に相談するようにしましょう。

医師の指示に従おう

お腹の脂肪吸引を受けた部位は、デコボコしたような触り心地になることがあります。硬くなっている部分はマッサージをすることにより、回復を早めることが出来ます。一部分が硬くなるのは、治る際の症状の一つであり、必ずしも異常であるとは限りませんが、手術後のケアが十分ではなかった場合には、デコボコが残ってしまう可能性があります。手術後は、圧迫をしっかりと行うようにしましょう。圧迫期間中は、姿勢が悪くなるとお腹にシワが出来やすいため、正しい姿勢を心掛けるようにしましょう。圧迫期間中は、専用のサポーターを使用して生活をすることになります。服を着ることでほとんど目立たなくなりますので、医師の指示に従って圧迫をするようにしましょう。