ダウンタイムと高分子|お腹の贅肉は脂肪吸引で根こそぎ落とすのだ

お腹の贅肉は脂肪吸引で根こそぎ落とすのだ

医者

ダウンタイムと高分子

レディ

ダウンタイムがない

美容清家でシワ取りをする方法はいくつかあります。そのなかでも人気なのがヒアルロン酸注入法です。なぜ、これが人気なのかというとその理由のひとつがダウンタイムがほとんどないことです。ダウンタイムとは施術してから、それが回復するまでの期間を指します。ヒアルロン酸注入法は注射でヒアルロン酸を注入するだけの施術であるため、回復以前にダメージがないのです。強いて言うならば、痛み止めのために麻酔を利用することがあるため、その効果が消えるまでがダウンタイムと言えるかもしれません。ただし、その麻酔も全身麻酔や局所麻酔ではなく、表面麻酔・クリーム麻酔であることがほとんどのため、数時間ほどで麻酔の効果が切れてしまいます。

高分子だから効果的

そもそもヒアルロン酸注入法で使われるヒアルロン酸とは一体どのような物質なのでしょうか。多くの人々は、酸というと酢酸や塩酸やクエン酸などを思い浮かべるかもしれません。実はそのような物質とは全く異なります。どちらかというとコラーゲンや髪の毛や爪の主成分である構造タンパク質に似ています。つまり、アセチルグリコサミンとグルクロン酸の2つの分子が連結した高分子体なのです。その高分子体だからこそ、真皮に留まって皮膚を下支えすることができるわけです。それは美容整形によるヒアルロン酸注入法による効果だけでなく、本来人体に含まれて作用しています。ヒアルロン酸注入法はあくまで足りなくなった分を医術的に補給しているだけなのです。